制作にあたり、いろいろなチャンネルを持っていることは大事かもしれない。
経験もそうだが、ツールという意味でも。
今の作業部屋には、TRITONと、ウーリッツァーがスタンバイしているが、
デジタルシンセとアナログだと思考回路が変わるので、出てくるものが微妙に違ってくるような気がする。
いや何も変わらないのかもしれないけど。
今回のバラードは、ウーリッツァーで作った。デモもウーリッツァーのラインアウトからCubaseのオーディオトラックに録音していった。
もちろんクオンタイズなどは出来ない。でもこちらのほうがデモの聴き手に受け入れてもらえやすい気がする。
今の環境は、デジタルとアナログに常にアクセスできる状態で作業はしているものの、
ミニムーグのような機材をもう一台スタンバイしておくと、また制作の幅は広がるのかもしれない。
そんなシンセ所有したことはないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です