アレンジを頼まれた曲の作業。

非常に面白いコード進行の曲のデモが送られてきた。

key=Eとkey=Gが交互に出てくるので同主調で転調する曲と言えるかな。

その点だけを見ると、ビートルズのWhile My Guitar Gently Weeeps とか、Stevie Wonder のSuperwoman みたいな感じと言えなくもないが、全然違うんだな。同主調の転調というのは、結局、短三度の転調と言い換える事も出来るので、そうなるといくらでも例はある、頭に浮かぶが、この曲はそのどれとも似ていない。

早く発表されて、世の中の反応が見てみたい。

すごく面白い曲だったので、インスピレーションが湧いてきて、頭に自然に流れてきたアレンジをソフトウェア・シンセサイザーで再現してみた。

作業時間3時間くらいでだいぶカタチになったので依頼主に送ってみる。

なかなか、良い反応だった。

実はロックテイストの方は反応が良くなかったこともあり、結構安堵しました。

しかし、「トオミヨウさんみたい」と言われたが、それは褒めすぎである。

嬉しかったけどね。

また、MIDORIっぽいとも言われた。

なるほど。

あ、内輪ネタですみません、MIDORIとは、大学時代青野りえさんと組んでいた、ピチカートファイブを目指して渋谷系音楽を作っていたユニットになります。

今は初音ミクに歌ってもらったバージョンが下記で一曲聴いていただけます。

http://sp.nicovideo.jp/watch/sm20910160

さて、曲の話に戻りますが、こういう、すーっと自然に頭に浮かんで素直にそれを表現出来たものっていうのは、強いんですよね。

かつて自分の作った曲で評判が良かった曲っていうのは、大抵こんな風に、散々悩んで作った曲の後に、すーっと出来た曲です。

バンドアレンジになるのが、また、楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です